サーバー構築 セキュリティ TCP/IP基礎 TIPS 書籍 ブログ リンク

Web全体 サイト内検索

 サーバー構築導入編
はじめにお読みください
自宅サーバー構築前の準備
固定IPアドレスのススメ
参考:自宅サーバー環境
 ルータ設定編
ルータとは何か/ルータの賢い選び方
手動でIPアドレスを設定する
NAT/IPマスカレードとDMZの違い
 Apacheでのサーバー構築
WWWサーバー構築の流れ
Apache2.0の導入/インストール
Apacheの構造
Apache とにかくこれがやりたい!
ブラウザでの確認/Webページ公開
Apache(1.3)の設定 PART
Apache(1.3)の設定 PART
制御ファイル「.htaccess」
付録:Apacheの設定 索引
AN HTTPDの設定
ApacheLogViewer でアクセスログ解析
 DynamicDNSを利用する編
Dynamic DNSとは?
Dynamic DNSの管理
無通信状態での自動切断の防止策
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!
 FTPサーバーの構築編
War FTPのインストール[ Ver.1.82 ]
War FTPの設定[ Ver.1.82 ]
War FTPの設定:基礎編 [ Ver1.65 ]
FTPサーバーの動作確認/ログイン
コラム:パーミッションの設定
FTPコマンドでファイル転送する
TFTPサーバーの構築/コマンド
 メールサーバーの構築編
メールサーバーソフトのインストール
メールサーバーソフトの基本設定
 VNCサーバーの構築編
TightVNCによるVNCサーバーの構築
 バックアップ編
True Imageのインストール
True Imageによるイメージバックアップ
True Imageによるバックアップからの復元
 自宅サーバー関連書籍

「全部フリーソフトで作るシリーズ」のWindowsXP版。初心者でもわかりやすい解説で人気のある1冊です。これから初めてサーバー構築する方には特にオススメ!


Apache2の逆引きリファレンス。知りたいと思ったディレクティブが簡単に引けて大変重宝しています。内容も非常に濃いのでこんな機能があったのか〜と思わず感動してしまう事も。お勧め。
 レンタルサーバー
Xbit(エクスビット)
さくらインターネット
ロリポップ!
 個人情報(IPアドレス)の確認
SSI環境変数
 関連ソフトウェアDOWNLORD
AN HTTPD
Apache
BlackJumboDog
Tiny FTP
War FTP
3CDaemon
ArGoSoft Mail Server
DiCE
九十九電機


WarFTPDのインストール [ Version1.8 ]


War FTP Daemon 1.82.00-RC10 のインストールと設定について説明していきます。前バージョンの 1.65 よりもユーザ管理がしやすくなっていますので、前バージョンに慣れてしまっている方には最初はちょっと使い方が面倒ですが、慣れてしまえば簡単なので是非勉強しておきましょう。まず以下のリンクより 「warftpd-1.82-00-RC10-i386.exe」をダウンロードしてきてください。

War FTP Daemon 1.82.00-RC10




■WarFTP1.82 のインストール

ダウンロードした「warftpd-1.82-00-RC10-i386.exe」をダブルクリックしてインストーラを起動してください。

   
「NEXT」をクリック インストールする場所を選択する
   
   
「Normal Install」を選択 「NEXT」をクリック
   
   
「NEXT」をクリック 既存のFTPサーバーが起動していないことを確認し、「NEXT」で次へ。
   


新規インストールならば、 「New installation」を、

バージョン1.6もしくは、それ以前からのアップグレードならば、
Upgrade from 1.6 or previous versions」を選択し、

バージョン1.7 もしくはそれ以降からのアップグレードならば、
Upgrade from 1.70 or later 」のチェックボックスにチェックをつけます。
   
   
FTPサーバーログオン時に表示されるFTPサーバー名を記述します。 Windows起動時にFTPサーバーをサービスとして稼動させる場合は、「Run as a System Service」にチェックをつけます。
   
   
タグの設定。デフォルトのままで問題ありません。なお、ここで指定した名前は、Windows のサービス名として登録されてしまうので安易な名前は避けましょう。 公開するルートフォルダを指定します。ユーザディレクトリはインストール後に異なるPATHに変更する事ができるので、ここはデフォルトで問題ないでしょう。
   



Allow anonymous access
匿名アカウントのログインを許可するかどうか。許可するならチェック。

Allow Users to list the contents of the public upload directory…
匿名アカウントが、指定したディレクトリへファイルをアップロードすることを許可するか否か。許可するならチェック。


Allow Users to download from the contents of the public upload directory…


匿名アカウントが、アップロードされたディレクトリ内にあるファイルのダウンロードを許可するか否か。許可するならチェック。ここでは、全てのチェックをはずして(匿名アクセスを許可せずに)進めていきます。
   
   
FTPサーバーの管理者パスワードを入力します。ユーザーがFTPサーバーにログオンする際のパスワードではありません。 管理者のメールアドレスを入力しますが、空欄でも構いません。
   
   
FTPサーバーのデフォルトポート番号を指定します。デフォルトの21番で問題ありません。 「NEXT」をクリックし、インストールを開始します。
   
   
WarFTPDのインストールが開始され、全てのチェックボックスにチェックが入ったら、「NEXT」をクリックします。 「Finish」をクリックします。



ここまで、終了すると以下のようなダイアログボックスが現れます。まず、「Speed」のところを「Fast LAN(100Mbit)」に変更します。次に、「Password」の欄に先ほどインストールの際に入力した管理者パスワード(Sysadmin)を入力します。最後に、「Remember password」にチェックを入れて、パスワードを保存させます。その他の、Host やら Port、Tag などは、デフォルトで入力されているもので問題ないです。ここまで終えたら、「OK」ボタンをクリックします。



以下のような画面になったら、正常に接続できたことになります。もし、以下のような画面にならず、両画面ともなにも表示されない場合は、上図の「Connection properties」をもう1度見直してください。設定を変更するには、「File」→「New」で変更できます。



最後に、Windowsサービスとして、WarFTPD が追加登録されたかどうか確認しておきましょう。「マイコンピュータ」を右クリックして、「管理」→「サービスとアプリケーション」→「サービス」からWARSVR が追加されていることを確認しましょう。



以上で、インストールを完了します。次に、「WarFTPの設定 [ Version1.82」」にお進みください。



 

Copyrights©KORO 2002-08 All Rights Reserved.Since 02/08/15 | サイトのプライバシーポリシー