サーバー構築 セキュリティ TCP/IP基礎 TIPS 書籍 ブログ リンク

Web全体 サイト内検索

 サーバー構築導入編
はじめにお読みください
自宅サーバー構築前の準備
固定IPアドレスのススメ
参考:自宅サーバー環境
 ルータ設定編
ルータとは何か/ルータの賢い選び方
手動でIPアドレスを設定する
NAT/IPマスカレードとDMZの違い
 Apacheでのサーバー構築
WWWサーバー構築の流れ
Apache2.0の導入/インストール
Apacheの構造
Apache とにかくこれがやりたい!
ブラウザでの確認/Webページ公開
Apache(1.3)の設定 PART
Apache(1.3)の設定 PART
制御ファイル「.htaccess」
付録:Apacheの設定 索引
AN HTTPDの設定
ApacheLogViewer でアクセスログ解析
 DynamicDNSを利用する編
Dynamic DNSとは?
Dynamic DNSの管理
無通信状態での自動切断の防止策
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!
 FTPサーバーの構築編
War FTPのインストール[ Ver.1.82 ]
War FTPの設定[ Ver.1.82 ]
War FTPの設定:基礎編 [ Ver1.65 ]
FTPサーバーの動作確認/ログイン
コラム:パーミッションの設定
FTPコマンドでファイル転送する
TFTPサーバーの構築/コマンド
 メールサーバーの構築編
メールサーバーソフトのインストール
メールサーバーソフトの基本設定
 VNCサーバーの構築編
TightVNCによるVNCサーバーの構築
 バックアップ編
True Imageのインストール
True Imageによるイメージバックアップ
True Imageによるバックアップからの復元
 自宅サーバー関連書籍

「全部フリーソフトで作るシリーズ」のWindowsXP版。初心者でもわかりやすい解説で人気のある1冊です。これから初めてサーバー構築する方には特にオススメ!


Apache2の逆引きリファレンス。知りたいと思ったディレクティブが簡単に引けて大変重宝しています。内容も非常に濃いのでこんな機能があったのか〜と思わず感動してしまう事も。お勧め。
 レンタルサーバー
Xbit(エクスビット)
さくらインターネット
ロリポップ!
 個人情報(IPアドレス)の確認
SSI環境変数
 関連ソフトウェアDOWNLORD
AN HTTPD
Apache
BlackJumboDog
Tiny FTP
War FTP
3CDaemon
ArGoSoft Mail Server
DiCE
九十九電機




Apacheについて解説していきます。まだインストール作業を終えていない方は「Apache2.0の導入/インストール」を参考にしてください。Apacheの設定は、基本的には「conf」フォルダの中にある「httpd.conf」ファイルをメモ帳などのテキストエディタで開いて編集していくだけです(なお、TeraPad秀丸エディタなどの専用のテキストエディタを使用すると作業効率が格段にアップします)。「httpd.conf」はApacheを標準でインストールした場合は、「C:\Apache2\conf」の中に格納されています。実際に、「httpd.conf」を開いてみると、1000行を超える英文がずらりと書かれています。これを見ただけであきらめないでください。一見すると、設定がすごく難しそうに見えるのですが、実は「httpd.conf」の構造さえ理解してしまえば、それほど難解なものではないとわかってもらえるでしょう。

それでは、「httpd.conf」の説明に入る前にまず、その構造について説明していきます。構造さえ理解してしまえば、実際に編集に移る際にかなり楽になるので是非、一読しておいてください。設定の実践は、「Apache とにかくこれがやりたい!」「Apacheの設定 PART」「Apacheの設定 PART」に分けて説明してあるのでそちらも合わせて読み進めていってください。




 


「httpd.conf」を開いてみてもらえばわかるとおり、その大半がコメント部分となっています。行の先頭にハッシュマーク(#)がついている部分がすなわちコメント部分です。ハッシュマークが先頭についている場合はコメントアウトされている状態で、つまりファイル自体は読み込まれるが、書かれてあることは無視されるようになっています。このコメントには大別して2種類の役割に分けることができます。

ひとつは、ほんとに単なるコメントで、すぐ下にあるディレクティブ(後述)についての解説が記述されています。HTMLを作成する際に、注釈などをつけたい場合は<!--ここからテーブルの始まり-->などのように自分がソースを見たときにわかりやすいようにコメントタグを追加していきますよね。先頭にハッシュマーク(#)のついた行はそれと同じ意味です。もうひとつは、ディレクティブとしての機能は有しているが、デフォルトでは使用しない設定にする役割を持っています。つまり、ある特定の機能を使用しない場合は、ハッシュマーク(#)をつけて無効にするわけです。以上をまとめると、

■コメント(ハッシュマーク)の役割

.灰瓮鵐箸硫爾傍述されているディレクティブについての注釈

▲妊レクティブを無効にする


ということになります。


 


「httpd.conf」をじっくり見てみていくと、「### Section 1: Global Environment」「### Section 2: 'Main' server configuration」「### Section 3: Virtual Hosts」と書かれた記述を見つけることができます。「httpd.conf」は基本的にこの3つのセクションに分かれており、それぞれ以下のような役割を担っています。

■Section 1: Global Environment

Apache全体に関わる動作を決定するためのセクションです。


■Section 2: 'Main' server configuration

メインとなるサーバーの設定項目が含まれるセクションです。ApacheではSection3 に記述されている「VirtualHost〜」を使ってあたかも複数のサーバーが立ち上がっているように仮想的に見せることができますが、そのためにはまずメインとなるサーバーが正しく動作していなくてはなりません。Section2ではこのメインサーバーに関する設定を行う項目がまとめられており、Apacheの基幹とも言える重要なセクションです。


■Section 3: Virtual Hosts

Virtual Hostに関する設定が含まれているセクションです。複数のサイトを公開したい場合は、ここで設定を行います。作成できるVirtualHost の数は無制限です。






「httpd.conf」は、ほとんどがハッシュマーク(#)のついたコメント部分で構成されていますが、ところどころにハッシュマーク(#)のついていない行があるのを確認することができます。そのハッシュマーク(#)のついていない行がディレクティブ(Directive)と呼ばれる部分で、Apacheに対し実行するように指示をするためのものです。つまり、ハッシュマークのついていない部分は、ディレクティブ(≒機能)として動作していることを意味しています。意味のないディレクティブや自分にとっては不必要なディレクティブなどは、先頭にハッシュマークをつけてコメントアウトしても構いません。ディレクティブは以下の2つに分類されます。

■コアディレクティブ

Apacheのコアとなるディレクティブのことで、Apache全体に影響を与えるディレクティブです。コアディレクティブは、その機能により次の2種類に分類されます。

.機璽弌璽灰鵐侫グディレクティブ

「サーバーコンフィグディレクティブ」は、サーバーそのものの設定およびサーバーに格納されたファイルや他のオブジェクトの処理を規定するためのディレクティブです。これらは基本的に「httpd.conf」のどこにでも記述することができますが、特定のディレクトリ内に置く「.htaccess」の中には記述できません。

▲灰鵐謄淵灰鵐侫グディレクティブ

「httpd.conf」には「<Directory XXX>・・・</Directory」や「<IfModule XXX>・・・</IfModule>」という記述があります。これらは、引数として記述された特定のディレクトリやファイル、特定のホストに限定して指定を行うものです。



■モジュールディレクティブ

Apacheは、モジュールを追加することにより機能を追加できるようになっています。モジュールは、C:\Apache2\modules にまとめて格納されています。httpd.conf では、以下に示すLoadModule 〜で始まる行が、いわゆるモジュールディレクテイブといいます。先頭にハッシュマークがあるモジュールは、デフォルトで読み込まれないようになっています。

LoadModule access_module modules/mod_access.so
LoadModule actions_module modules/mod_actions.so
LoadModule alias_module modules/mod_alias.so
LoadModule asis_module modules/mod_asis.so
LoadModule auth_module modules/mod_auth.so
#LoadModule auth_anon_module modules/mod_auth_anon.so

省略



■空白行

「httpd.conf」における空白行はただ単に見やすくするためのものです。自分が見やすければ、自由に行間を詰めたりあけたりしても構いません。

■注意事項

「httpd.conf」を編集したらApacheを必ず再起動 [Restart] してください。再起動しないと設定が有効になりませんので注意してください。




Apacheハンドブック
Apacheハンドブック
Apacheセキュリティ
Apacheセキュリティ
Apache2設定&管理 逆引きリファレンスアドバンストリファレンス
Apache2設定&管理 逆引きリファレンスアドバンストリファレンス

Copyrights©KORO 2002-08 All Rights Reserved.Since 02/08/15 | サイトのプライバシーポリシー