サーバー構築 セキュリティ TCP/IP基礎 TIPS 書籍 ブログ リンク

Web全体 サイト内検索

 サーバー構築導入編
はじめにお読みください
自宅サーバー構築前の準備
固定IPアドレスのススメ
参考:自宅サーバー環境
 ルータ設定編
ルータとは何か/ルータの賢い選び方
手動でIPアドレスを設定する
NAT/IPマスカレードとDMZの違い
 Apacheでのサーバー構築
WWWサーバー構築の流れ
Apache2.0の導入/インストール
Apacheの構造
Apache とにかくこれがやりたい!
ブラウザでの確認/Webページ公開
Apache(1.3)の設定 PART
Apache(1.3)の設定 PART
制御ファイル「.htaccess」
付録:Apacheの設定 索引
AN HTTPDの設定
ApacheLogViewer でアクセスログ解析
 DynamicDNSを利用する編
Dynamic DNSとは?
Dynamic DNSの管理
無通信状態での自動切断の防止策
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!
 FTPサーバーの構築編
War FTPのインストール[ Ver.1.82 ]
War FTPの設定[ Ver.1.82 ]
War FTPの設定:基礎編 [ Ver1.65 ]
FTPサーバーの動作確認/ログイン
コラム:パーミッションの設定
FTPコマンドでファイル転送する
TFTPサーバーの構築/コマンド
 メールサーバーの構築編
メールサーバーソフトのインストール
メールサーバーソフトの基本設定
 VNCサーバーの構築編
TightVNCによるVNCサーバーの構築
 バックアップ編
True Imageのインストール
True Imageによるイメージバックアップ
True Imageによるバックアップからの復元
 自宅サーバー関連書籍

「全部フリーソフトで作るシリーズ」のWindowsXP版。初心者でもわかりやすい解説で人気のある1冊です。これから初めてサーバー構築する方には特にオススメ!


Apache2の逆引きリファレンス。知りたいと思ったディレクティブが簡単に引けて大変重宝しています。内容も非常に濃いのでこんな機能があったのか〜と思わず感動してしまう事も。お勧め。
 レンタルサーバー
Xbit(エクスビット)
さくらインターネット
ロリポップ!
 個人情報(IPアドレス)の確認
SSI環境変数
 関連ソフトウェアDOWNLORD
AN HTTPD
Apache
BlackJumboDog
Tiny FTP
War FTP
3CDaemon
ArGoSoft Mail Server
DiCE
九十九電機




前項の「Dynamic DNSとは?」でDynDNSのDynamic DNSサービスの申し込み・登録手順を紹介しました。これでWWWサーバーのみならず、FTPサーバー、メールサーバーなど自宅で構築することのできるサーバーのほぼ全ての環境が整ったことになります。もうIPアドレスが変わっても心配はいらないので、FTPサーバーもメールサーバーも、あとはサーバーソフトの設定を覚えるだけでよいわけです。もはや、FTPサーバーの解説なり、メールサーバーの解説なり、あるいはセキュリティのページなど、自分の興味のありそうなページから読破していってください。しかし、その前にやっておいた方が便利なことがあります。それは、Dynamic DNSの管理です。前項までの説明だと、IPアドレスが変わるたびに、いちいち、IPアドレスを調べてから、DynDNSのWebサイトでログインして、IPアドレス変更の申請をし直すという過程を踏まなければならず、これではちょっと煩雑さを拭えません。

そこで登場するのがDymamic DNSを管理するためのソフトで、「DiCE」という非常に便利なソフトがあります。「DiCE」を使うことで上述した面倒な操作を自動化することができるのです。厳密に言えば、IPアドレスが変更した際の更新をDynamic DNSサーバーに自動的に通知してくれるわけです。他にも自動切断を防ぐための「Ping機能」も実装されているのでとても便利です。DiCEには、フリーウェアヴァージョンとプロフェッショナルヴァージョン(ひと口:600円)があり、プロフェッショナルヴァージョンではサービスとして起動することもできるようになります。それでは以下に、DiCEの使い方について解説していきます。



プログラムは以下のサイトよりダウンロードしてきてください。

DiCE v1.56

尚、DiCEの公式Webページは以下のサイトです。

DiCE DynamicDNS Client (自宅でインターネットサーバー)





DiCEのインストールは簡単なので省略します。
DiCEを実行すると以下のような画面が表示されます。「イベント」→「追加」を選択してください。




以下のようなウィンドウが表示されたら下記の設定を参考にして空欄を埋めていってください。尚、「イベント有効」にチェックが入っていない場合は設定が有効になりません。設定を終えたら「保存」をクリックします。



■説明 わかりやすい名前を自由に付けてください。

■サービス ご利用のDynamic DNSサービス業者をプルダウンメニューがら選択してください。

■ホスト名 DynDNSで登録したホスト名(@より前の名前)を入力してください。

■ドメイン名 DynDNSで登録したドメイン名(@より後の名前)をプルダウンメニューより選択してください。

■ユーザー名 DynDNSで作成したアカウントにログインする際のユーザー名を入力してください。

■パスワード DynDNSで作成したアカウントにログインする際のパスワードを入力してください。

■IPアドレス 空白にしておけば自動的にアクセス元のIPアドレスが割り当てられます。

■頻度 更新を行う頻度を指定します。更新頻度を短くしすぎると、相手先サーバーへ負担がかかるため、必要のない限りあまり短くしないのがマナーです。通常は一日一回で十分です。今回は「オプション」→「環境設定」で「IPアドレスが変化したら、DNSイベントを強制実行にする」設定にするので、「指定無し」としています。




設定を反映させるために右クリックして「今すぐ実行」を選択してください。するとDiCEが自動的に指定のDynamic DNSサービスのWebサイトにアクセスして、設定されている情報を更新してくれます。




更新作業が終わると赤枠で囲まれたチェックボックスが表示され、下のステータスバーには「Successfull (IPアドレス)」と表示されます。





■DiCEの環境設定

「オプション」→「環境設定」を選択してください。




「IPアドレス監視機能」タブをクリックします。「IPアドレスが変化したら、DNSイベントを強制実行にする」にチェックをつけておけば、回線が何らかの理由で切断されてしまった場合にも強制実行してくれるので、サーバーにアクセスできなくなるといった事態はなくなります。ただし、この機能を使用するためには注意しなければいけないことがありますので、次項「無通信状態の自動切断の防止策」を必ずチェックしておいてください。





 

Copyrights©KORO 2002-08 All Rights Reserved.Since 02/08/15 | サイトのプライバシーポリシー