xserver~自宅サーバー構築、Movable Typeのカスタマイズ、Linux、ブログなどについて解説していきます~

サイトロゴ
ウイルスセキュリティ(468×60)
HOME > Movable Type > カスタマイズ > 第8回:画像のアップ...
Movable Type
RSS Atom

Movable Type のカスタマイズ関連について扱っていきます。

第8回:画像のアップロード先ディレクトリを変更する[ BetterFileUploader ]

第7回では、プラグイン「BIGPAPI 」のインストール方法について説明しました。

今回は、このBIGPAPI に対応したプラグインである BetterFileUploader をインストールします。このプラグインは、画像のアップロードをより便利にするプラグインで、アップロード先ディレクトリを変更する事ができます。 まず、BetterFileUploader をインストールする前に、第7回を参考にして予め BIGPAPI をインストールしておいてください。

Movable Type 標準装備の画像アップローダーは、特に何も指定しなければ、ブログのトップページに画像が保存されます。しかし、実際にはルートディレクトリ(サイトパス)に画像を保存するわけにはいかないので、以下図のように「サイトパス」に img/ などと指定して、img ディレクトリに画像を保存するようにします。ですが、画像をアップロードする度に保存する場所を指定していたのではかなり面倒です。

管理画面


そこで、BetterFileUploader プラグインを利用して、アップロード先を変更します。仮に2006年6月にアップロードした画像ならば、(サイトパス)/upload/2006/06/ に格納されるようにします。これにより、ファイル名が重複しても、誤って上書きしてしまう可能性は限りなく少なくなりますし、管理も非常に楽になります。

それでは、さっそくインストールの説明に入ります。以下のサイトより、BetterFileUploader.zip をダウンロードしてきてください。

http://www.eatdrinksleepmovabletype.com/plugins/plugin_better_file_uploader/

BetterFileUploader ディレクトリ内には、以下3つのファイルが格納されていますが、ディレクトリごとそのまま plugins ディレクトリにコピーしてください。なお、Linuxの場合は、BetterFileUploader.cgi に対して実行権を付与しておいてください。

plugins/BetterFileUploader/BetterFileUploader.cgi
plugins/BetterFileUploader/BetterFileUploader.pm
plugins/BetterFileUploader/BetterFileUploader.pl


次に、管理画面から「メインメニュー」→「プラグイン」→「Better File Uploader」 で「設定を表示」をクリックしてください(以下図参照)。

設定を表示


「設定を表示」を展開すると、以下図のような画面になります。全て英語で表記されていますが、設定はさほど難しくありませんので安心してください♪

better3.gif

Override weblog-specific settings with the settings below

チェックしておくと、Movable Type のデフォルト設定を 上書きします。

Default upload directory: upload
Append [current year]/[current month]/ to default upload directory.

Default upload directory は、デフォルトでアップロードするディレクトリを指定します。2行目の「Append~」にチェックしておくと、upload ディレクトリより下の階層に、アップロードした年と月のディレクトリを自動作成し、その中に画像を保存します。つまり、upload/2006/06/file.jpg などのように保存されます。

By default, upload to:
Local archive path
Local site path

デフォルトでアップロードする場所を、アーカイブパスにするか、サイトパスにするかをチェックボックスから選択します。好みに任せます。

By default, publish as:
Create a new entry using this uploaded file.
Show me the HTML.

1行目の「create ~」 は、「アップロードしたファイルを使って新規エントリーを作成する」の意味、2行目の「Show ~」は、「アップロードした画像のHTMLソースを表示する」という意味になります。個人的には、Show me the HTML にチェックが入っていた方が便利です。

After uploading an image, a thumbnail can be built. How should the thumbnail size be calculated?

BetterFileUploader


画像のサムネイル化(縮小化)の設定です。上段の「The longest side should be ~」はピクセル指定した値が、画像の縦横どちらか長い方に適用され、2段目の「The thumbnail should be a fixed size」では、横の長さ、もしくは縦の長さに合わせてピクセルを固定したい場合にチェックをいれます。

上図の例では、横幅の最大値を180ピクセルに指定しており、縦の長さを基準にピクセル指定したい場合は、「tall」 のチェックボックスにチェックをつけます。なお、画像アップロード時に、ここで指定したサイズを変更する事もできます。

Photo Gallery Creation Options

同サイトで公開されている Basic Photo Gallery Templates と連携する設定になりますので、ここでは説明しません。すでに使用している方は、チェックボックスにチェックしておきましょう。

ここまで終了したら「変更を保存」で設定を保存してください。以上、プラグインの解説は終了です。実際に、画像をアップロードしてみてこのプラグインの便利さを体感してみてください♪

以上、第8回は終了です。

参考になりましたらポチっとお願いします♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

ブログをやるなら
ブログランキング

スポンサードリンク
私が読んだ書籍
ブログ簡単パワーアップ Movable Type スーパーカスタマイズテクニック
カスタマイズ中心の書籍。すでにMTを触っている方にオススメ。どこからでも気軽に読めるのがGOODです。MT本の中でも特にお勧めの一冊。

Movable Type標準ハンドブック Movable Typeで今すぐできるウェブログ入門 改訂版
標準ハンドブックの名に相応しいMT入門本。インストールから基本設定、簡易なカスタマイズまで網羅。白黒ですが、デザインがすっきりしていて読み易いです。

Movable Typeでつくる!最強のブログサイト
入門編から基本設定、3カラムデザインへの変更、スタイルシートの説明、カスタマイズ応用編など広い範囲で網羅しています。370p とボリューム感も。

Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド―コンテンツ管理システム(CMS)ツールとしてのMovable Type活用術&実践サイトデザイン術
MTをCMSツールとして活用するための仕組みや特徴を解説。前半のタグリファレンスは便利。後半のデザイン例は、オリジナルなデザインが作れる方なら不要です。初心者にはやや不向き。