xserver~自宅サーバー構築、Movable Typeのカスタマイズ、Linux、ブログなどについて解説していきます~

サイトロゴ
デル株式会社
HOME > Movable Type > カスタマイズ > 第38回:同一ページで...
Movable Type
RSS Atom

Movable Type のカスタマイズ関連について扱っていきます。

第38回:同一ページで複数のページ分割を用いる

第37回では、サイドバーに画像を表示したり、フォトギャラリー風に画像を一覧表示することができる Collect Plugin について紹介しました。今回は、MTPaginate プラグインとの関連で、同一ページで、複数のページ分割を用いる方法について説明します。

メインページでも分割したい箇所は、エントリーの部分だけとは限りません。例えば、エントリー部分のページ分割と、サイドメニューに配置したフォトギャラリーのページ分割をする場合について考えてみます(以下図参照)。

スクリーンショット


通常、ページ分割で 2ページ目を開いたとき、http://win.kororo.jp/index.php?page=2 のようなアドレスになりますが、MTPaginate タグが同一ページに複数箇所あると、その両方の箇所で2ページ目が同時に開いてしまい、訪問者にとってはややこしい事態になります。

そこで、エントリー部ならエントリー部で、フォトギャラリー部ならフォトギャラリー部で、特定の箇所だけページ送りするようにしたいわけです。方法は簡単です。MTPaginate タグに、page_selector属性を与えてあげるだけです。これは、どちらか一方だけに 付加するのではなく、テンプレート内に存在する MTPaginate タグの数だけこの属性をつけてください。

例えば、以下のような感じにします。

<MTPaginate page_selector=page>
・・・
<$MTPaginateSectionBreak$>
・・・
</MTPaginate>


<MTPaginate page_selector=moblog>
・・・
<$MTPaginateSectionBreak$>
・・・
</MTPaginate>

このように、MTPaginate タグごとに、page_selector を定義してあげる事で、エントリー部の2ページ目を開いた時には、http://win.kororo.jp/index.php?page=2 が開き、フォトギャラリー部の2ページ目を開いたら、http://win.kororo.jp/index.php?photo=2 のようなアドレスになります。

以上で、第38回は終了です。
合わせて、第22回:カテゴリーアーカイブをページ分割する も参照しておいてください。

参考になりましたらポチっとお願いします♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

ブログをやるなら
ブログランキング

スポンサードリンク
私が読んだ書籍
ブログ簡単パワーアップ Movable Type スーパーカスタマイズテクニック
カスタマイズ中心の書籍。すでにMTを触っている方にオススメ。どこからでも気軽に読めるのがGOODです。MT本の中でも特にお勧めの一冊。

Movable Type標準ハンドブック Movable Typeで今すぐできるウェブログ入門 改訂版
標準ハンドブックの名に相応しいMT入門本。インストールから基本設定、簡易なカスタマイズまで網羅。白黒ですが、デザインがすっきりしていて読み易いです。

Movable Typeでつくる!最強のブログサイト
入門編から基本設定、3カラムデザインへの変更、スタイルシートの説明、カスタマイズ応用編など広い範囲で網羅しています。370p とボリューム感も。

Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド―コンテンツ管理システム(CMS)ツールとしてのMovable Type活用術&実践サイトデザイン術
MTをCMSツールとして活用するための仕組みや特徴を解説。前半のタグリファレンスは便利。後半のデザイン例は、オリジナルなデザインが作れる方なら不要です。初心者にはやや不向き。