サーバー構築 セキュリティ TCP/IP基礎 TIPS 書籍 ブログ リンク

Web全体 サイト内検索

 ネットショップを利用する
SSL暗号化通信を理解しよう
ネット銀行口座を開設しよう
 インストールメモ
Perlのインストール(ActivePerl)
PHPのインストール/Webサーバー設定
MySQL4のインストール
phpMyAdminのインストール
Zend Optimizer のインストール
Movable Type のインストール
 Namazu全文検索の導入
Namazuのインストール
Namazuの設定
Namazuのカスタマイズ
NamazuをPHPで使う
 関連 DOWNLORD
ActivePerl
PHP
Zend(本家)
Zend(日本サイト)
MySQL
PostgreSQL
Cygwin
NAMAZU for Win32
PHP4 Namazu モジュール for Win32
phpMyAdmin
search-s for Namazu
KAKASI
 


phpMyAdminのインストール


phpMyAdminのインストールについて解説します。phpMyAdminとは、MySQLのデータベース処理をブラウザで操作できるようにすることで、データ表示、テーブルの作成、修正、削除などの操作を簡便化することができるようになる非常に優れたツールです。興味ある方は是非、入手しておきましょう。但し、管理人はインストールしたものの使い方をまるで勉強していません。この件に関して管理人には質問しないように(;^▽^)。



■phpMyAdminのダウンロード

以下のサイトより「phpMyAdmin-2.3.3pl1-php.zip 」をダウンロードしてきてください。執筆時点での最新バージョンは2.33です。

phpMyAdmin-2.3.3



■phpMyAdminのインストール

まず、ダウンロードしたファイル「phpMyAdmin-2.3.3pl1-php.zip」を解凍してください。すると、「phpMyAdmin-2.3.3pl1-php」というフォルダが出てきますので、「phpMyAdmin」とリネームしてドキュメントルート(public_html以下)にでもコピーして置いてください。次に「phpMyAdmin」フォルダ内に格納されている「config.inc.php」の設定を変更していきます。ローカルで「config.inc.php」を開き、以下の部分を修正・変更してください。以下の設定は外部からデータベースを勝手に操作されないようにするためにも必ず行ってください。


 $cfg['PmaAbsoluteUri'] = 'http://localhost/phpMyAdmin/';

デフォルトでは「$cfg['PmaAbsoluteUri'] = '';」と表示されている箇所を自分のドメイン名に変更してください。
例:)「http://127.0.0.1/phpMyAdmin/」、「http://win.kororo.jp/phpMyAdmin/」等

 $cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'http';

デフォルトでは「$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';」と指定されている箇所を「$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'http';」と変更してください。これによって、データベース内にアクセスする際にHTTP認証(ユーザー名とパスワードを入力)を使ってログインできるようになります。なお、デフォルトの'config'の状態の場合は、「.htaceess」を使用した認証を行うことになります。

 $cfg['Servers'][$i]['user'] = 'ユーザー名'; //MySQLで設定したユーザー名

デフォルトでは「$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root'; 」と指定されている箇所を「$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'ユーザー名'; 」に変更します。この時に使用するユーザー名はMySQLインストール時に設定したユーザー名を使用してください。ユーザー名を忘れてしまった方は、MySQLを起動し(c:\mysql\bin\winmysqladmin.exe)、my.ini Setupタブをクリックし、確認してください。

 $cfg['Servers'][$i]['password'] = 'パスワード'; //MySQLで設定したパスワード

デフォルトでは「$cfg['Servers'][$i]['password'] = '';」と指定されている箇所を「$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'パスワード';」に変更します。この時に使用するパスワード名はMySQLインストール時に設定したパスワードを使用してください。パスワードを忘れてしまった方は、MySQLを起動し(c:\mysql\bin\winmysqladmin.exe)、my.ini Setupタブをクリックし、確認してください。

 $cfg['DefaultLang'] = 'ja-euc';

デフォルトで使用する言語を指定します。デフォルトでは「$cfgDefaultLang = 'en';」となっているところを、ここでは「$cfgDefaultLang = 'ja-euc';」と指定しています。また、「ja」でも構いません。

 $cfg['DefaultCharset'] = 'euc-jp';

デフォルトCharsetを指定します。ここでは「euc-jp」と指定しています。



以上、「config.inc.php」の設定を編集し終えたら上書き保存してください。


■ブラウザでアクセスする

最後にブラウザを起動してphpMyAdminにアクセスします。ブラウザのURLにphpMyAdminまでのパスを入力してください(例:http://localhost/phpMyAdmin/ ) 。すると、HTTP認証の画面が現れ、ユーザー名とパスワードの入力を求められますので先ほど指定した(MySQLの)ユーザー名とパスワードを入力してログインしてください(以下図参照)。




ログインに成功すると、以下のような画面が現れます(・o・)オォ あとは左メニューのプルダウンメニューから編集したいデータベース名を選択して変更を加えていくだけです。こんな便利なツールを使わない手はありませんね!





 

Copyrights©KORO 2002-08 All Rights Reserved.Since 02/08/15 | サイトのプライバシーポリシー