xserver~自宅サーバー構築、Movable Typeのカスタマイズ、Linux、ブログなどについて解説していきます~

サイトロゴ
デル株式会社
HOME > Windows&Linux > ソフトウェアの紹介 > 便利ツール(4)「オ...
Windows&Linux
RSS Atom

筆者が普段利用している、あるいは利用したことのある便利で役に立つソフトウェアをご紹介していきます。

便利ツール(4)「オンスクリーンボリュームビューア」

今回、紹介するお勧めソフトは、「オンスクリーンボリュームビューア」というソフトウェアで、パソコンの音量調節を手軽に操作することができるソフトである。筆者も長いことお世話になっており、もはやこれなしでは耐えられないぐらいに重宝しているソフトである。但し、マウス(スクロール付)を使うことで最大限に能力を引き出せるソフトなので、日常的にデスクトップを使用している方にこそ是非試してもらいたい。

まず、このソフトの便利さを説明する。通常、パソコンのボリュームを変更する場合、デスクトップ右下のタスクバーにある「音量」アイコンをダブルクリックし、さらに、「Volume Control」もしくは「Wave」のパラメータを操作しなければならない。しかし、このステップを踏むこと自体、実は面倒なことなのである。その他にも、パソコンで音楽を聴いている場合を想定してみよう。Windows Media Player でもiTunes でも、とにかくどんなプレーヤーを使っていても構わない。いずれの場合にしろ、音量の上げ下げをする場合、やはりそのソフトを一旦、手前に表示させてからボリュームのパラメータを変更しなければならない。同様にこれも面倒な操作である。

スクリーンショット

そこで、この「オンスクリーンボリュームビューア」が活躍する。使い方は至って簡単。ソフトを起動し、タスクバー右下に常駐させておくだけである。そして、タスクバーの部分にマウスカーソルを持っていって真ん中のスクロールボタンをクルクルと回すだけで自動的に音量も上下する。その音量もデスクトップに視覚的に表示されるので非常にわかりやすい(下図)。また、タスクバーで中ボタンをクリックすると今度は「ミュート」になる。怪しげなビデオを鑑賞中に誰かが近づいてきても、ワンクリックで瞬間的に音が消えるので大変便利だろう。パソコン起動時にこのソフトが起動するようにしておくには、「スタートアップ」にでも登録しておけばよい。

スクリーンショットなお、このソフトの動作条件として、DirextX がインストールされていることが前提となるが、大抵のパソコンにはデフォルトでインストールされているので新規にインストールする必要はないだろう。このソフト、初めは多少戸惑うかもしれないが、慣れてしまうと本当に手離せなくなるので興味がある方は試してみる価値はあるだろう。

ダウンロード

参考になりましたらポチっとお願いします♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

スポンサードリンク
ブログランキング